あなたの笑顔と健康のために臨床検査技師(検査のプロ)が医療に関することをお届けいたします

悪玉コレステロールより強力な超悪玉コレステロール

2018/08/10
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

超悪玉コレステロールについて

脂質異常症の判定基準項目には、総コレステロール・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロールがあります。

 

HDLコレステロールは善玉コレステロール、LDLコレステロールは悪玉コレステロールということはよく知られていますが、この悪玉コレステロールに超が付く超悪玉コレステロールがあることをご存知でしょうか?

 

この超悪玉コレステロールは、Small dense LDLと呼ばれる小型のLDLコレステロールのことをいいます。

 

LDLコレステロールにも種類があって、この小型のLDLコレステロールが増えると血栓や動脈硬化になる確率が高くなり超ヤバイのです。

HDLコレステロールとLDLコレステロールについて

HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれ、血管壁にこびり付いたコレステロールを引きはがして肝臓へ運びます。そのため、動脈硬化の防止につながるといわれています。

 

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを全身に運びます。そのため、動脈硬化を促す悪玉と呼ばれています。

脂質異常症の診断基準(空腹時)

日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」2012年版より

高LDLコレステロール血症

LDLコレステロール値
140㎎/dl以上

境界域高LDLコレステロール血症

LDLコレステロール値
120~139㎎/dl以上

低HDLコレステロール血症

HDLコレステロール値
40㎎/dl未満

高トリグリセライド(中性脂肪)血症

トリグリセライド値
150㎎/dl以上

LDLコレステロールが正常でも、HDLコレステロールが少ないと血栓ができやすい、動脈硬化になりやすいなどのリスクがあります。

 

診断の目安のLH比も重要である

LH比は、LDLコレステロール値をHDLコレステロール値で割ることで簡単に求めることができます。

 

すなわち、LD比=LDLコレステロール÷HDLコレステロールで求めることができます。その結果から、以下のように血栓や動脈硬化を推測することができます。

 

  • LH比  1.5以下 健康と思われる
  • LH比  2.0以上 コレステロールが蓄積していて動脈硬化が疑われる
  • LH比  2.5以上 血栓ができている可能性と心筋梗塞のリスクあり

Small dense LDL(小型LDLコレステロール)について

LDLコレステロールの中でも小型で比重の高いLDLは、Small dense LDLと呼ばれています。

 

この小型LDLコレステロールは、酸化されやすく、動脈壁内に透過しやすいため、普通サイズのLDLよりも強力に動脈硬化を引き起こすことがわかっています。

 

このため、この小型LDLコレステロールを超悪玉コレステロールといいます。

 

LDLコレステロールが小型化しやすく超悪玉コレステロールが多い人は、生活習慣病(中性脂肪が高い人・インスリンの効き目が悪く血糖の高い人・血圧が高い人・内臓脂肪型肥満の人)の人に多いです。

小型LDLコレステロールの検査について

LDLコレステロールが小型化しているかどうかを調べる検査には、小粒子LDLプロファイルという特殊な検査がありますが、検査料が高い上に保険適用されていません。

 

そこで、通常はLDLサイズを予測できるリポ蛋白分画精密測定が用いられています。この検査は、採血をすることで簡単に調べることができます。

コレステロールを減らす生活の仕方

  • コレステロールを多く含む食品をたくさん食べないようにしましょう。
  • ビタミンCとEは動脈硬化を予防するためたくさん摂りましょう。
  • 禁煙をしましょう。たばこは善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やします。
  • ストレスをため込まない。ストレスはコレステロールをを増やします。
  • 適度の運動をしましょう。運動は善玉コレステロールを増やします。

まとめ

LDLコレステロールの中でも、小型で比重の高いLDLコレステロールを超悪玉コレステロールといいます。

 

この超悪玉コレステロールは、小型のため血管内に入り込みやすいため普通のLDLコレステロールよりも動脈硬化を起こしやすくします。

 

日常の生活では、ストレスをため込まない・禁煙をする・ビタミンCとEを一緒に摂る・運動をするを心がけて超悪玉コレステロールを退治しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 笑顔と健康の架け橋 , 2018 All Rights Reserved.