あなたの笑顔と健康のために臨床検査技師(検査のプロ)が医療に関することをお届けいたします

冬に大流行するノロウイルスは「のろま」なウイルスじゃなかった!

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

インフルエンザと同じ時期に大流行する感染症といえば、一体なんでしょうか?

答えは、ノロウイルスです。

このノロウイルスは、インフルエンザ以上に感染力が強く毎年11月頃から3月頃がピークとなります。

インフルエンザにはワクチンがありますが、ノロウイルスにはありません。そのため、自分や家族を守るためにはどのような予防法があるのでしょうか?

 

その予防法は、石鹸でよく手洗いするしかありません。

「なんだぁ」と思ったあなた!手洗いをバカにしてはいけません。それに、家族の誰かが感染したら一家全員が集団感染してしまうってことにもなりかねません。

今回は、ノロウイルスについてまとめてみました。

ノロウイルスは「のろま」なウイルスなのか?

ノロウイルスは名前のように「のろま」なウイルスなのでしょうか?

いいえ!そんなことはありません。このウイルスに感染すると、腹痛・嘔吐・下痢に苦しむことになります。そして、感染力・伝播力が強いので人から人へうつり、集団感染を起こして爆発的に大流行してしまいます。

ちなみに、感染者の汚物1gには1,000万~10億個のウイルスがいて、10個のウイルスでも感染すると言われています。

ノロウイルスの症状は?

ノロウイルスの症状は、腹痛・嘔吐・下痢で38℃以上の高熱になることはほとんどありません。

ノロウイルスの検査はどうするの?

ノロウイルスの検査は、私たち臨床検査技師の出番です。

検体はもちろん便になります。「検査キット」と呼ばれる検査薬で検査します。

提出された便から綿棒に適量採取して、検査液の中で綿棒についた便を均一になるように良く溶かしてから綿棒を容器でつまみながら搾ります。

その検査液を検査プレートに滴下して、15分後に陽性ラインが出現すればノロウイルス「陽性」となりますが、検査キットによって反応時間などが違ってきます。

検査が陽性だったら?

検査が陽性の場合には、入院患者さんの場合には隔離されます。また、検査に使用した物すべてを厳重に処分して、検査台は希釈した次亜塩素酸ナトリウムでよく消毒します。

外来患者さんの場合には、どこか別室に待機させられると思います。

ノロウイルスの検査は保険が効かないって?

ノロウイルスの検査は、3歳未満の乳幼児と65歳以上の高齢者以外は自費(保険が効かない)になります。「え~、どうして?」って声が聞こえてきそうですが保険は効きません。

どうして保険が効かないのかを考えると、上記の年齢はノロウイルスのハイリスクグループになり重症化してしまうから保険が効くのであって、それ以外の年齢層は重症化しないためだと思われます。

また、このノロウイルスに感染していても感染していなくても治療は同じなので検査する必要がないとも言えます。治療といっても特別なことをするわけでもなく脱水に気を付けて点滴をするぐらいでしょう。

しかし、私個人的にはノロウイルスの検査は保険適用にするべきだと考えます。なぜなら、感染者の汚物処理が変わってくるからです。

じゃ、自費だといくらになるかといえば、これは施設により料金が違ってきますので、受診される施設に確認されてください。だいたい4,000~5,000円ぐらいだと思います。

ノロウイルスだった場合には?

ノロウイルは重症化しない、治療も特別なことをしないといえども、ノロウイルスだった場合にはその後の汚物処理などが違ってきます。

また、集団感染を起こさないためにも家で水分を多めにとって、ウイルスが外に出てしまうまで寝て治しましょう。

この時、整腸剤や下痢止めを使用するとウイルスが外に出るのが遅くなり、かえって症状が長引きますので使ってはいけません。

ノロウイルス感染者の汚物処理法

ノロウイルス感染者の嘔吐物や下痢便には大量のウイルスが含まれています。そのため、これらを処理する場合にはマスクや手袋、エプロンを着用します。

ご家庭では、ハイターなどの塩素系の消毒剤を0.1%に希釈してタオルなどで拭き取ってよく消毒します。

拭き取ったタオルやマスク、手袋などは何重にもビニール袋に包んで処分します。その後、石鹸と流水でよく手洗いをしてください。

ノロウイルスの感染経路は?

ノロウイルスの感染経路には3つあります。

1つ目が、ノロウイルに感染した人が料理を作ってそれを食べた人が発症する。

2つ目が、ノロウイルに汚染された二枚貝などをよく加熱しないで食べてしまい、腸でウイルスが増殖して発症する。

3つ目が、感染者の汚物処理をした時に手についたり、空気中に浮遊したウイルスで感染する。

また、ノロウイルの潜伏期間は1~2日で発症して、普通は1~2日で回復します。

ご家庭での予防法は?

ご家庭での予防法は以下のようになります。

  • 手を石鹸と流水で丁寧によく洗う。ちなみにアルコール消毒液は効果がありません。
  • 二枚貝などが感染源ですので、85~90°Cで90秒間以上の加熱する。
  • トイレの便座やドアノブをしっかり消毒する。
  • ノロウイルの疑いがある人は調理をしない。
  • 栄養のある物を食べて、しっかり休養して体力をつけておく。
  • 感染者の汚物処理には十分気をつける。

まとめ

ノロウイルスは、とても感染力の強いウイルスで集団感染を引き起こします。予防は、手を良く洗い、食品をよく加熱することです。

運悪く感染してしまったら、感染者の汚物を処理するときにはマスクや手袋、エプロンを着用して、タオルなどで拭き取った後はハイターなどで消毒をして使用したタオルなどは厳重に処分してください。

また、寝て治すといっても食事や水分が摂れない時には受診することをお勧めいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 笑顔と健康の架け橋 , 2018 All Rights Reserved.