あなたの笑顔と健康のために臨床検査技師(検査のプロ)が医療に関することをお届けいたします

インフルエンザに効くワクチンとは?

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

もうすぐ今年もインフルエンザの季節がやってきます。毎年インフルエンザワクチン接種をされている方も多いと思いますが、インフルエンザワクチンは効くと思いますか?

答えは、原則的にはワクチンの効果はあります。この「原則的」には意味があります。

ただ、インフルエンザについて誤解されている方も多くいることも事実ですので、今回はインフルエンザについてまとめてみました。

インフルエンザワクチンの効果はいつ出るのか?

インフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスのみに効果があるのであって「普通のかぜ」には効きません。

また、インフルエンザワクチンは皮下接種ですので、接種してできるのは血液中の抗体です。

どういうことかと言うと、インフルエンザウイルス(抗原)が体内に入って来たら予防接種で出来た抗体がウイルスを攻撃してくれます。

よく誤解されているのが、ワクチン接種したらインフルエンザには罹らないと思っている方がいるということです。

したがって、インフルエンザワクチンは空気中のウイルスを攻撃するのではなく体に入ってきたウイルスを攻撃するのです。

つまり、ワクチン接種してもインフルエンザには罹り、感染してからでないとワクチンの効果はでません。

インフルエンザワクチンの効果には個人差がある?

インフルエンザワクチンの効果には個人差があり、ウイルスに感染しても気づかない程度の症状の人や反対に高熱が出て苦しんだりする人もいます。

ただ、はっきり言えることはインフルエンザには罹るが重症化させないで軽くて終わるということです。

夏でもインフルエンザに罹る?

インフルエンザウイルスは一年中いますので、夏かぜと思っていたらインフルエンザだったということもあります。

夏だから症状が違うということはありませんので、インフルエンザの症状(高熱、関節の痛みなど)があれば注意してください。

現に、私はこの夏に2件のインフルエンザウイルス陽性の検体を検査しています。

インフルエンザワクチン効果を疑うのは日本だけ?

先進国の中で、インフルエンザワクチンの効果を疑問視するのは日本だけです。アメリカは効果を認めた上でワクチン接種を推奨し、効果的にインフルエンザを予防しています。

ちなみにインフルエンザの流行自体を阻止するためには、国民の8~9割の方がワクチン接種をする必要があると言われています。

毎年変化するインフルエンザウイルス?

インフルエンザウイルスは、麻疹や風疹などのウイルスに比べて毎年ウイルス自体が変化します。そのため、ワクチンも型を変える必要があります。

インフルエンザワクチンは、前年度の終わりに分離されたウイルスや日本とは季節が反対のオーストラリアでの流行ウイルスを参考にして製造されます。

また、現在はひなが誕生する卵を用いて製造されますが、その製造過程でも人からとれたインフルエンザウイルスは増殖しにくかったり、途中で性状が変化したりすることもあり、計画通りには製造ができないこともあります。

そのため、流行のパターンと一致しないと予防効果が悪くなります。

現在研究中のワクチンには?

現在開発中のワクチンには、卵を使用しないものや人工的にウイルスを作り出す方法、鼻に噴射する薬剤などの開発が行われています。近い将来には、これらが世の中に出てくることを期待したいと思います。

インフルエンザウイルスの検査について

インフルエンザウイルスの検査を受けられた方は多いと思いますが、この検査は私たち臨床検査技師も行っています。

私たち臨床検査技師は検査のプロですので、検査には絶対的自信を持っています。このインフルエンザウイルスの検査でも、どういう風に採取したら感度が上昇するかも分かっています。

また、検査キットには色々ありますが、どれが一番感度が良いかも熟知しています。

まとめ

インフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスが体内に侵入してから初めて効果を発揮しますので、ワクチン接種したからインフルエンザに罹らないことはありません。

また、インフルエンザワクチンはその年によって効果が出ないこともありますが、重症化させないためにもワクチン接種をお勧めいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 笑顔と健康の架け橋 , 2018 All Rights Reserved.