あなたの笑顔と健康のために臨床検査技師(検査のプロ)が医療に関することをお届けいたします

医者も目をまわす眩暈(めまい)と検査とは?

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

医者も目をまわす

当院の脳外科医から聞いた話ですが、つい最近まで医者も目をまわしていたことをご存知でしょうか?

どういうことかというと、眩暈(めまい)の患者さんが受診されると目をまわしていたそうです。

「めまい」は漢字で書くと「眩暈」ですが、ひらがながないと読めないのは私だけでしょうか?この記事では、分かりやすくするために「眩暈(めまい)」とひらがなもつけることにします。

医者が眩暈(めまい)の患者さんで、目をまわすことなんかないと思われるかも知れませんが、眩暈(めまい)には、色々な眩暈(めまい)があります。

大きく分けると亡くなる可能性のある眩暈(めまい)と亡くならない眩暈(めまい)があります。

これを、見極めて治療をするわけですから責任重大です。今でこそ医師の研修制度が見直されて、さすがにこういうことはなくなりつつあるようです。

しかし、昔の医学部では眩暈(めまい)の区別の仕方までまともに教えていなかったようで、神経内科や耳鼻咽喉科を専門にしない限り判断できなかったそうです。

それで、外来に眩暈(めまい)の患者さんが来ると目がまわっていたそうです。

眩暈(めまい)の色々な患者さん

眩暈(めまい)の患者さんには、色々な患者さんがいます。一言に眩暈(めまい)といっても、おおまかに分けて3種類あります。

1つは立ちくらみ、2つめは非回転性眩暈(めまい)、3つめは回転性眩暈(めまい)です。

非回転性眩暈(めまい)は、簡単にいうと「フワフワ」や「フラフラ」した眩暈(めまい)です。

回転性眩暈(めまい)は、「景色がグルグル回る」眩暈(めまい)です。

立ちくらみの眩暈(めまい)の患者さん

立ち上がったとたんに「フワッ」とする患者さんには、起立血圧テストを行います。

起立血圧テスト

  1. 最初に5分間ぐらいベットに横になり安静にして、血圧が安定したところで血圧を測定をします。
  2. すばやく起きていただき、再度血圧を測定します。
  3. さらに起立したままの状態で、5分後に3回目の血圧を測定します。
  4. 測定した血圧を比較します。

この起立血圧テストで血圧が下がる場合には、お年寄りの方では脳幹梗塞や推骨脳底動脈血行不全、パーキンソン病などが疑われ、若い方の場合には、起立性自律神経調整障害が疑われます。

非回転性眩暈(めまい)の患者さん

「フワフワ」「フラフラ」する非回転性眩暈(めまい)で、いつも「フラフラ」や「フワフワ」した浮いたような感じの患者さんには、上記の起立血圧テストと重心動揺検査を行います。

耳の病気からくることもありますが、脳からくることも多いので注意が必要です。

重心動揺検査

  1. 検査者から検査の注意点などの説明を受けます。
  2. 足を測定器の足型に合わせます。
  3. 目印の赤いマークを1分間見つめていただきます。まばたきはしてもよいです。
  4. 足は足型から動かさないようにして、1分間椅子に座っていただきます。
  5. 足型から足を動かさないで、目を閉じて1分間測定器の上に立っていただきます。
  6. 検査終了です。

検査中に倒れそうになっても、検査者がささえますので安心してください。普通は、この検査は臨床検査技師が行います。

回転性眩暈(めまい)の患者さん

「景色がグルグル回る」回転性眩暈(めまい)には、頭痛を伴うものや耳鳴りなどを伴うもの、眩暈(めまい)だけのものがあります。

頭痛を伴う場合には、偏頭痛やメニエル病といった亡くならないものから小脳出血やくも膜下出血などのように亡くなる可能性のものまであるため注意が必要です。

まとめ

眩暈(めまい)には、亡くなる可能性の眩暈(めまい)と亡くならない眩暈(めまい)があり、立ちくらみや非回転性眩暈(めまい)、回転性眩暈(めまい)に大きく分けられます。

いつも「景色がグルグル回る」眩暈(めまい)がある方は、一度専門の医師の診察を受けられてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 笑顔と健康の架け橋 , 2018 All Rights Reserved.