あなたの笑顔と健康のために臨床検査技師(検査のプロ)が医療に関することをお届けいたします

腎臓も教えてくれないCKDって何?

2018/11/22
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

皆さんは、CKDという言葉をご存知でしょうか?

最近はよくテレビなどで扱われることもあり、目にした方も多くいらっしゃると思います。

CKDとは何者?

CKDとは慢性腎臓病 (Chronic Kidney Disease)のことで頭文字をとってCKDと呼ばれています。CKDはひとつの病気の名前ではなく、慢性に経過するすべての腎臓病を指す言葉です。

今現在、国民の8人に1人がCKDといわれており、新たな国民病として注目されています。

どうしたらCKDと診断されますか ?

腎臓の異常が3か月以上続けばCKDと診断されますが、初期には症状がほとんどありません。ですから、腎臓の機能が多少落ちていても気づかずに生活されていらっしゃる方が多く存在します。

そして、慢性的に進行してしまうと腎臓の機能はもとにはもどりません。 ですから、定期健診で尿の異常や血圧の異常など早めに見つけ対応してくことが予防していくことが大切です。

 

CKDが進行したらどうなりますか ?

CKDが進行してくるとむくみが出やすくなったり、 貧血、倦怠感などの症状が現れます。 そして、末期まで進行すると自分の腎臓だけでは老廃物や水分の除去が難しくなり腎移植や透析療法をうけなければなりません。

またCKDが怖いのは腎臓だけでなく、CKDがあることで脳卒中や心筋梗塞などの血管病のリスクが上昇することが指摘されていますので注意が必要です。

ちなみに日本では現在30万人以上の方が透析療法を受けており 、まだ増加傾向にあります。国民の400人に1人、高齢者に限って言えば100人に1人が透析を うけていることになります。

CKDを悪化させないためには?

では、CKDといわれたらどんなことに気を付けたらいいのでしょうか?治療の柱として 1)生活習慣の改善 2)食事療法 3)薬物療法があります。

2)や 3)については病気のステージや個人にて差がありますので病院にて相談してください。そして、医師や栄養士のアドバイスを受けてください。

1)についてはいかがですか?喫煙、過度な飲酒、運動不足、不規則な生活など、どうですか思い当たることはありませんか?こういった生活習慣を改善することはCKDの進行を抑えるのに大切です。そして、CKDだけでなくいろいろな病気の予防にもつながります。

終わりに

最後に、CKDは早期発見が大切です。定期健診を受けましょう。そして、異常があったら、「これぐらい大丈夫かな」「症状もないから大丈夫かな」などと自分で判断せずに医療機関をきちんと受診してください。

そして、適切な治療を受けて悪化を防ぎましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 笑顔と健康の架け橋 , 2018 All Rights Reserved.