あなたの笑顔と健康のために臨床検査技師(検査のプロ)が医療に関することをお届けいたします

心房細動のそこが怖い!

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

心房細動は加齢とともに増加し 、70歳代の5%、 80歳代の10%程度の割合で起こる比較的起こりやすい不整脈で、誰でも起こる可能性のある不整脈です。

心房細動について

自覚症状は、動悸や脈の不整などに気づくことがありますが、健康診断などでたまたまみつかることも多くあります。

心房細動は、心臓の洞結節と呼ばれる箇所が正常のペースメーカーからの信号では心房の興奮が始まりません。

その代わりに、心房内(主に左房にある肺静脈付近)で 1分間に350~600回の不規則な電気信号が発生し 、心房全体が小刻みに震え、心房の正しい収縮と拡張ができなくなる不整脈です。

心房収縮がなくなり 、心室の拡張期に十分血液が満 たされないため心臓の機能が低下し 、心臓から出る血液量も約20%減少します。

そのため息切れやめまい、 胸苦しさなどの症状を起こしやすくなり 、これが続くと心不全になる可能性もあります。

心房細動の原因 はどこにあるのでしょうか?

心房細動は加齢のほかに高血圧、心筋症等の心疾患 によって引き起こされることがあります。その他、飲酒や喫煙、過労、ストレス、暴飲暴食、睡眠不足など 不規則な生活等も原因であるといわれています。

心房細動から 脳梗塞になる?

心房細動が持続すると心房内で血液の流れが停滞して、血栓(血液の塊)ができやすくなります。

特に左房にできた血栓が脳に飛んで、脳の主要な血管が閉塞されると脳梗塞を引き起こしてしまいます。

心房細動をそのまま放置した場合、5%の患者さんが脳梗塞になることが知ら れており 、脳梗塞疾患側からみると脳梗塞の約30%が心房細動によるといわれています。これを心原性脳梗塞 といいます。

この不整脈自体は致命的な不整脈ではありませんが、脳梗塞になると寝たきりになったり、なくなってしまう患者さんが約半数と非常にリスクが高くなりますので 、未然の予防が大変重要になります。

心房細動の治療はどのように行われるのでしょうか?

いくつかの治療法を簡単にご紹介させていただきます。

抗凝固療法について

心臓の中で血栓を作らないための治療法で、抗凝固療法といわれます。これまではワーファリンという薬剤が使用されていましたが、納豆などのビタミン Kを含む食品の食事制限や、外来受診時での採血が必要でした。

採血項目でいうとPT(INR)という検査がそれにあたります。

最近では非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)という食事制限の必要のない薬もでていますが、少し薬価(値段)が高いです。

薬物療法について

心拍数のコントロールを行うレートコントロール と、心房細動を停止させてリズムそのものをコントロ ールする治療法があります。

心房細動を停止させるには抗不整脈薬を使用したり 、電気ショックを使用した りします。

非薬物療法 について

  1. 周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術 )
  2. ペースメーカ治療
  3. 心臓外科治療(メイズ )

現在頻脈性不整脈の治療として第1選択されるものが、高周波カテーテルアブレーションです。

カテーテルアブレーションの最大のメリット は頻脈性不整脈を根治でき、QOLの改善が見込めるところです。

デメリットとしては侵襲的であり 、ごくまれにですが合併症を起こす点にあります。心房細動における高周波カテーテルアブレ ーションの成功率は現時点で約80%でありますが、 年々成功率が上がっている治療法でもあります。

まとめ

心房細動は最近治療法が格段に向上し、確立されつつある不整脈です。合併症予防のためにも早期発見して早期治療することが大切です。

気になる方は、専門に医療機関を受診されることをお勧めいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの笑顔と健康のため検査のプロがお届けしています。 このブログは、医師・看護師・管理栄養士・診療放射線技師などから助言をいただきながら運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 笑顔と健康の架け橋 , 2018 All Rights Reserved.